水の道

阿蘇カルデラの水を集めて有明海にそそぐ一級河川・白川。熊本県の母なる川である白川の恵みを体感できるのが、その中流域にある菊陽町です。
白川はよく見ると、流域がおたまじゃくしのようなユニークな格好をしています。九州中部に東西方向に密に分布する活断層のため、このような流域になったと考えられていますが、そのため白川が町の中央を流れているとはいえ、その水を利用するには上流から井手を通じて水を引く必要がありました。
加藤清正の時代に作られたといわれる「鼻ぐり」のある馬場楠井手は白川の南側を潤し、北側には大津町瀬田に取水口のある瀬田上井手・下井出、同じく津久礼井手、玉岡井手があります。井手の水は生活用水や農業になくてはならないもので、町内を縦横に走る井手は菊陽町を支える水の道といっても過言ではありません。
加藤・細川藩時代に作られた、このような井手は今も現役で活躍しています。そして生活圏を流れる井手に作られた堰や眼鏡橋は文化財として大切に守られています。

「水の道」コース

六堰七井手

白川中流域には、川の水を引込む六つの堰と、7本の井手(用水路)がつくられ、これらを総称して六堰七井手といいます。井手のほとんどは、現在もかんがい用水として使われており、「鼻ぐり井手」では江戸時代の高度な技術がそのままの形で残されており、「瀬田上井手」や「馬場楠井手の取水口」では、古い時代の石造りの構造物が見られます。

眼鏡橋群と井手のある情景

たくさんの井手が開削されたことにより、井手を渡るための橋もたくさん必要になりました。菊陽町、大津町には江戸時代後期から明治初期に井手にかけられた石橋(眼鏡橋)がいくつも残されています。また、「上井手」沿いに作られた町並みでは、水とともに暮らしを築いてきた、歴史の息吹を感じることが出来ます。

加藤清正や、歴代の細川公が造らせたと伝えられている井手(農業用水)や、眼鏡橋など、江戸時代から近代にかけての治水、利水にまつわる文化財をめぐります。

「水の道」マップ

古閑原眼鏡橋イメージ

6古閑原眼鏡橋

GPS起動中

お使いの端末のGPS機能の利用を許可すると現在地の表示や、
目的地までのルートを表示することが出来ます。

いまなお現役で使われいる生活橋

古閑原の南側を流れる上井手に掛かる単一アーチ橋です。重要な地区の生活道でしたが、県道が開通したため、現在はあまり利用されなくなっています。この橋は、井手の両岸が固い岩盤であることから、アーチの基礎が、井手底から約2.2メートル上方からはじまっている変形アーチ橋です。

  • なし
  • なし
近隣マップ
近隣マップ
05入道水眼鏡橋
07上井手・塘町筋
ページトップへ